義父まとめ
義父のぬるぬるマッサージ|人気漫画を無料立ち読み・本編読みしたよ♪

義父のぬるぬるマッサージ
〜娘のコリを朝からクリクリ〜
▼本編・無料立ち読み タップしてね▼

【コミなび純稿】義父のぬるぬるマッサージ
義父のぬるぬるマッサージ
〜娘のコリを朝からクリクリ〜
▼本編・無料立ち読み タップしてね▼

【コミなび純稿】義父のぬるぬるマッサージ
>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

松田聖子に嫌悪感の親族も存在 緊迫の義父葬儀
1名無しさん@おーぷん:2014/11/25(火)09:58:25 ID:uWX()
東京都心から車で2時間、利根川が南北に縦断する群馬県渋川市のその一戸建てには、「喪中」を示す白い半紙が玄関に貼られていた。
この家は、松田聖子(52才)の夫で、慶應大学医学部准教授・A氏(52才)の実家だった。

11月12日の早朝、A氏の父親が、散歩途中に倒れ、そのまま亡くなった。聖子にとって舅となるA氏の父親は、地元の渋川市では名の知れた獣医で、
東京にも広大な土地を持つ名士の一族とあって、17日に行われた通夜には、多くの参列者が集まった。

「Aさんと一緒に、聖子さんも親族席に座られていました。涙をこらえるようにして、参列者全員に深く頭を下げているのが印象的でした…。
聖子さんのお母さんも参列されていました」(参列者のひとり)

翌18日の告別式でも、聖子のこんな姿が目撃されている。

「参列者への会葬御礼は、聖子さんが渡していました。葬儀後のお清め膳でも、聖子さんが全員にお酌をして回って…。
Aさんは長男ですから、その妻として、一生懸命に夫を支えていましたよ」(別の参列者)

だが、斎場の親族の中には、そんな彼女を複雑な想いで見つめている人がいたという。A氏の知人がこう語る。

「2012年6月に結婚したふたりですが、これは、聖子さんの猛アタックによる略奪婚だったんです。
もともと、Aさんには妻と2人の子供がいたんですが、聖子さんとの交際がきっかけで、2010年5月に離婚していますからね。
Aさんの親族の中には、妻と子供を捨てた彼に対し“一族の恥”と吐き捨てる人もいるほどです。

そんな親族にとって、彼以上に複雑な思いを抱く存在が、妻子持ちであることを知った上でAさんにアプローチをかけた聖子さんなんです。
今回の葬儀に関しても、嫌悪感をあらわにする親族もいたといいます」

(中略)

※女性セブン2014年12月4日号
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20141125/Postseven_288452.html

トップページ

リンク集
トップページに戻る
inserted by FC2 system